ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


本文の始まりです

新着情報

INFORMATION

2020.06.18NEWS

グルーヴノーツと東明館中・高、AI/IT教育に関する包括的パートナーシップ契約を締結

〜AIプログラミング学習や教員研修など、最新テクノロジーを駆使して探究的な学びを推進〜

株式会社グルーヴノーツ
学校法人東明館学園


子どもでも遊ぶように学べるAIプログラミングをはじめ、最新テクノロジーを駆使した教育事業「TECH PARK(テックパーク)」を展開する株式会社グルーヴノーツ(本社:福岡県福岡市、代表取締役会長:佐々木久美子、以下 グルーヴノーツ)は、東明館中学校・高等学校を運営する学校法人 東明館学園(理事長:荒井優、所在地:佐賀県基山町、以下、東明館)と、テクノロジーの着想をもって探究できる人材の育成を目指し、AI/IT教育に関する包括的パートナーシップ契約を締結いたしましたのでお知らせします。

テックパークにおいて、学校法人との初の包括的なパートナーシップ契約になります。取り組みの第一弾として、テックパークは、東明館中学1年生向けの情報科目の授業を受け持ちます。


AI、ビッグデータ、量子コンピュータ等の先端技術の発展に伴い、現代の社会において情報技術はすでに産業の際を越え、あらゆる業界・業種に組み込まれ、テクノロジー活用は欠かせない要素になっています。

未来を牽引する人材の養成を使命にもつ教育機関においては、こうした社会変化に追随するため、テクノロジーをあらゆる分野科目に融合させ、専門知と実践知を高める教育体制へと変革することが求められています。

産学連携やSTEM教育を組み込んだ新しい実践的な学びを推進する東明館は、「テクノロジーを遊ぶように学ぶ」ことをコンセプトに、次代を拓く最新テクノロジーを駆使して創造力を育む独自の教育プログラム開発に強みをもつテックパークとの強力かつ持続的なパートナーシップ構築を通じて、自発的かつ実社会や実生活で役立つ学びを追求し、テクノロジーの着想をもって探究できる人材の育成を目指します。

本パートナーシップでは、テックパークの「AI教育支援サービス」を東明館中学校・高等学校に導入し、生徒へのAIプログラミング等のテクノロジー授業の設計・実施、テクノロジーに精通する教員の育成・テクノロジーを活用した授業改善・授業力の向上を図るとともに、教育環境自体のIT化など、東明館の「教育xIT」全般のコンサルティング・指導・監修をテックパークが行います。

例)ITリテラシーの習得から他科目との組み合わせ…ユニークな授業を展開


学校法人 東明館学園 理事長 荒井優からのコメント

「福岡に、世界最先端のIT企業が運営する学童保育がある」という噂を聴いたのは、前職のソフトバンク(株)の社長室勤務の時でした。グルーヴノーツ社は、AI・ビッグデータ・量子コンピュータなど最先端のIT分野で世界をリードしている福岡発のIT企業としてすでに名を馳せていたので、興味を持ってホームページを覗いてみると、子供たちがパソコンや3Dプリンタ、レーザーカッターなどのデジタルツールを自由自在に使いながら様々なことを創り出している写真の数々に圧倒されたことを覚えています。

昨年7月に学校法人東明館学園の理事長に着任してから、実際にテックパークを訪ねた際に佐々木久美子会長にお話しを伺い、「教え込み型」ではなく、授業を通じて思考・判断・表現をする場面を丁寧に設計され、子供たちの知的好奇心を引き出し、能動的な学習者を目指していくという教育体系に感銘を受けました。

この度、グルーヴノーツ社と学校教育におけるAI/IT分野における包括連携協定を結ぶことで子供たちに世界の最先端に繋がる原体験の機会を創出していきます。更には、この連携によって学校に関わる大人(教職員、保護者、地域のみなさま)も世界最高峰の技術と学校教育と生涯教育の新しいあり方を共に模索していきたいと思います。

東明館学園は「世界に通用する21世紀型の進学校」を目指して参ります。


株式会社グルーヴノーツ 代表取締役会長 佐々木久美子からのコメント

今、私たちの周りにはITがあふれ、テクノロジーカルチャーが成り立っていることは周知の事実です。

社会に出ると、たくさんの課題を日々解決するために、社会活動としてたくさんの条件の中で、形にしていくことに身を置かなければなりません。そのときに、ひとりで解決できることはほとんどなく、たくさんの人たちと関わり、テクノロジーを駆使して課題に向かっていくことになるでしょう。

学校では、リアルな社会活動の実態を感じながら学ぶことは、なかなか難しいものです。しかしこれからは、経験者や社会活動の本質を知る人が学校運営に関わりつつ、どういう人間が社会にとって必要なのかということを、教育に関わり、実装していくことは、非常に重要ではないのかなと感じていました。

そのなかで、東明館様は、歴史的にも素晴らしい方々を世に送り出し、今も、たくさんの社会的な課題に立ち向かう方々を輩出していますが、さらに、日本では遅れ気味だと言われるテクノロジーの教育をいち早く実装されようとするときに、我々にお声掛けいただき、大変光栄であり、嬉しく思っております。

教育とは、人類の進化に合わせて、時代や子どもたちの夢や希望と同じベクトルに乗せていく必要があると、日々感じています。その中で、東明館様は、今までの伝統を大切にしながら、時代に合わせた学校運営、教育活動を行っていらっしゃる学校だなと思います。

そのような変化のタイミングに、ご一緒させていただけることを非常に嬉しく思っております。


情報科目の授業内容について

  • 対象:中学1年生
  • 講座内容:学習指導要領と実務要素を掛け合わせ、パソコンの操作やITリテラシーの養成から、データ分析やプログラミング、AIまで取り組む教育カリキュラム。
  • 企画監修・講師:株式会社グルーヴノーツ


「AI教育支援サービス」について

「AI教育支援サービス」は、学校や塾など教育機関において、小学生〜大学生を対象に、実践的な「AI教育」を導入するためのサービスです。コンピュータの入門カリキュラムから、AIブロックを使ったプログラミングを学ぶ専門カリキュラムまで、習熟度レベルに合わせてITリテラシー教育も含めた様々な教材・カリキュラムを用意しています。プログラミング教育を実施する教員・講師の方には、研修として基礎講義や実際の教材を用いたハンズオン演習・ロールプレイング等までワンストップで提供します。



PDFダウンロード

【お問い合わせ先】
株式会社グルーヴノーツ
広報担当:金田
pr@groovenauts.jp


「TECH PARK(テックパーク)」教育事業について

グルーヴノーツは、世界に先駆けてAIと量子コンピュータを活用したクラウドサービスの開発を手掛け、4,200社(2020年5月時点)を超える国内有数の実績を誇るテクノロジーカンパニーです。日々進化を続けながら社会の現場で活用されるAIなど最新テクノロジーを、子どものうちから正しく理解し好奇心をもって学べる教育プログラムの開発に取り組み、自社運営のアフタースクール「テックパーク」をはじめ様々な教育機関において「AI教育支援サービス」として提供することで、テクノロジー教育の普及に努めています。
https://www.techpark.jp

グルーヴノーツが開発したAIブロック

  • ビジュアルプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」上で、AIの画像認識や音声認識の機能を実装できる拡張ブロック「AIブロック」の開発・提供
  • 小学生から大学生までを対象にした教育機関向けにAI教育の導入を支援する「AI教育支援サービス」の開発・提供
  • 年長から小学生までを対象にした、テクノロジーと遊ぶアフタースクール/シーズンスクール「TECH PARK」の運営
  • 小学生から中学生を対象にした、テクノロジーと遊ぶオンラインスクール「TECH PARK ONLINE」の運営

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る

本文の終わりです