ページの先頭です

新着情報

INFORMATION

2021.09.30NEWS

【経産省「ロボットフレンドリーな環境構築支援事業」に2年連続参画】グルーヴノーツ、日本惣菜協会・惣菜製造企業5社と連携して AIと量子コンピュータを活用した実証事業を開始

業界共通の予測・最適化モデル構築を目指して

量子コンピュータ関連ビジネスを手掛ける株式会社グルーヴノーツ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:最首英裕、以下:グルーヴノーツ)は、AIや量子コンピュータを活用して工場の生産活動を最適化する取り組みにおいて、経済産業省が推進する令和3年度「革新的ロボット研究開発等基盤構築事業」(以下:本事業)に参画したことをお知らせします。昨年度から2年連続の参画となります。

本年度は、一般社団法人日本惣菜協会(本社:東京都千代田区、会長:平井浩一郎、以下:日本惣菜協会)と、日本惣菜協会の会員である株式会社グルメデリカ(本社:埼玉県所沢市、代表取締役社長:関口繁幸)、株式会社デリカスイト(本社:岐阜県大垣市、代表取締役社長:堀富則)、株式会社ニッセーデリカ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川手康正)、株式会社ヒライ(本社:熊本県熊本市、代表取締役社長:平井浩一郎)およびマックスバリュ東海株式会社(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:神尾啓治)の惣菜製造企業5社とともに、グルーヴノーツのAIと量子コンピュータを活用できるプラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS(マゼランブロックス)」を用いて、AIによる注文量の予測/量子コンピュータによるシフト計画の最適化に関して、業界共通のモデル構築に取り組みます。各社が日々の需要や​​個人の要望や力量に応じて適切な工程に必要な人員配置を行い、生産性向上を図ることで、業界全体の課題解決に貢献してまいります。

このプレスリリースの詳細は、以下の「MAGELLAN BLOCKS」新着情報よりご覧ください。

https://www.magellanic-clouds.com/blocks/2021/09/30/robot-friendly/

PDFダウンロード


【お問い合わせ先】
株式会社グルーヴノーツ
広報 金田
pr@groovenauts.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る