ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


本文の始まりです

新着情報

新着情報

2019.11.05EVENTNEWS

「OPEN AI LAB KYOTO 2019」AI事例セミナーを12/5に京都で開催決定|グルーヴノーツx京都信用金庫

実践企業から学ぶAI導入の進め方、京都信用金庫の活用事例も発表

“AI x 量子コンピュータ”でビジネスの予測から最適化までを実現する「MAGELLAN BLOCKS(マゼランブロックス)」を開発・提供する株式会社グルーヴノーツ(本社:福岡市中央区、代表取締役社長:最首英裕、以下 グルーヴノーツ)は、京都信用金庫(本店:京都市下京区、理事長:榊田隆之、以下 京都信用金庫)と連携し、2019年12月5日(木)に同金庫本店で、「OPEN AI LAB KYOTO 2019」AI事例セミナーを開催いたしますので、お知らせします。

OPEN AI LAB


「OPEN AI LAB KYOTO」は、オープン・イノベーション活動としてグルーヴノーツと京都信用金庫の協創により、規模や業種に関わらず企業経営においてもはや必然とも言うべきデータとAIの活用について共に学び、知恵を高め合うことができる場を提供することで、京都の地域活性化や新規事業の創造を支援しています。

今回のセミナーでは、「AI活用までの道のりと成功事例」をテーマに、実際の業務でデータ/AIの活用に取り組む企業から、導入前の課題や成果を上げるための工夫・条件など、現場のノウハウを学びます。また、昨今話題の「量子コンピュータ」についても、世界初の商用サービス化を実現した*1グルーヴノーツより、量子コンピュータとは何か、ビジネスにどのような価値をもたらすのか等をわかりやすくご紹介します。


データ基盤構築から、AIによる業務効率化の事例まで。実践企業が語る成功の方程式とは

グルーヴノーツのクラウドAIプラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS」は、サービス開始から延べ3,800社が利用し、12,500以上のAI学習モデルが作られてきました*2。京都信用金庫は、2018年7月より「MAGELLAN BLOCKS」のAIを活用した実証実験を様々な業務で開始し、導入前検証(PoV、Proof Of Value)を経て、実業務で運用しています。本セミナーでは、そうした同金庫による経験談やAI活用事例を発表いただきます。また、AIに欠かせないデータ基盤構築の事例や、九州最大手の学習塾によるAIを活用した業務効率化の事例、JCBが挑戦した様々なデジタルトランスフォーメーションの成果事例など、皆さまの業務に今すぐ応用できる取り組みを実践する企業にお話いただきます。

JCB x AI で挑む成功と失敗 デジタルトランスフォーメーションのKFS|AIによる来店客予測で95.04%の高精度を実現 受付待ち時間の不満を解消|AI x 量子コンピュータがひらく、京都のものづくり・まちづくり構想 次世代都市の実現を目指して


「OPEN AI LAB KYOTO 2019」 AI事例セミナー

  • 開催日時:2019年12月5日(木)​ 14:00〜16:00(受付開始 13:30)
  • 開催場所:京都信用金庫 本店3階 京信ホール(京都市下京区四条通柳馬場東入立売東町7番地)
  • 対象者:経営者・代表者の方、実際の業務でAI導入を検討している方
  • 受講料:無料(事前登録制)
  • 定員:100名
  • 主催:京都信用金庫、株式会社グルーヴノーツ
  • 申し込み:https://openai-lab.org/kyoto/
  • 問い合わせ先:株式会社グルーヴノーツ OPEN AI LAB事務局(担当:一瀬)<contact-kyoto@openai-lab.org>

AI 活用までの道のりと成功事例。 その先にある量子コンピュータによるビジネスの未来



【お問い合わせ】
株式会社グルーヴノーツ
広報担当:金田
pr@groovenauts.jp

株式会社グルーヴノーツについて

グルーヴノーツは、すでに国内有数の実績を有し、また世界で初めて量子コンピュータ技術の商用サービス化に成功するなど、AI活用において圧倒的な知見と技術力を持つテクノロジーカンパニーです。

【グルーヴノーツの「MAGELLAN BLOCKS」について】
独自開発したAI(機械学習・深層学習)と量子コンピュータを搭載した「MAGELLAN BLOCKS」は、数値/画像/文書等の様々なデータをもとに、AIの高精度な予測と、量子コンピュータの組合せ最適化によって、複雑なビジネス課題に対して解を導き出すことが可能です。



*1)2019年3月時点、D-Wave社調べ。
*2)2019年9月時点
※会社名、製品名等は各社の商標または登録商標です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る

本文の終わりです