ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


本文の始まりです

新着情報

INFORMATION

2020.09.25NEWS

組合せ最適化モデル搭載のクラウドプラットフォーム 「MAGELLAN BLOCKS」が東芝のイジングマシンに対応

量子コンピュータ関連ビジネスを手掛ける株式会社グルーヴノーツ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:最首英裕、以下 グルーヴノーツ)は、組合せ最適化モデルを搭載するクラウドプラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS(マゼランブロックス)」が、東芝デジタルソリューションズ株式会社および株式会社東芝の「シミュレーテッド分岐マシン(Simulated Bifurcation Machine、以下 SBM)」に対応いたしましたのでお知らせします。

グルーヴノーツは「豊かで人間らしい社会の実現に貢献する」ことをビジョンに掲げ、様々なテクノロジーを取り込み、お客様の課題の特性に応じて適切なテクノロジーを選択または組み合わせることで、本質的な課題解決を支援しています。今回のSBMは、量子コンピュータから着想を得て組合せ最適化問題を高速に解くことができる技術(イジングマシン)の一つであり、「MAGELLAN BLOCKS」でイジングモデルを自動生成してSBMと連携することで、最適解を導出できることを確認しました。

「MAGELLAN BLOCKS」が実現する組合せ最適化問題の解決

「MAGELLAN BLOCKS」は、難しい技術を誰でもシンプルに使えることをコンセプトに開発されたクラウドプラットフォームです。様々な「組合せ最適化」問題に対応でき、対象のイジングモデルを自動的に生成します。そのため、ユーザーは問題の定義や難しいイジングマシンの構造を意識することなく利用でき、業務上の制約条件を入力するだけで最適解を瞬時に得ることが可能になります。

本プレスリリースの詳細は、次の「MAGELLAN BLOCKS」新着情報よりご覧ください。


https://www.magellanic-clouds.com/blocks/2020/09/25/toshiba_sbm/


【お問い合わせ先】
株式会社グルーヴノーツ
広報担当:金田
pr@groovenauts.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る

本文の終わりです