ページの先頭です

新着情報

INFORMATION

2020.12.22NEWS

環境省「脱炭素社会実現のための都市間連携事業」に採択|日本工営とグルーヴノーツ、ミャンマー・ヤンゴン市で量子コンピュータを活用して最適な都市交通と環境づくりに向けた「グリーンリカバリー促進事業」を開始

快適な都市サービスを創出する 「City as a Service」で、脱炭素社会の実現に貢献


日本工営株式会社
株式会社グルーヴノーツ

全文はこちらから

日本工営株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:有元龍一、以下「日本工営」)は、環境省の「令和2年度 脱炭素社会実現のための都市間連携事業」に採択され、量子コンピュータ関連ビジネスを手掛ける株式会社グルーヴノーツ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:最首英裕、以下「グルーヴノーツ」)ならびに福岡市(市長:髙島宗一郎、以下「福岡市」)をパートナーに、福岡市の姉妹都市であるミャンマー連邦共和国(以下「ミャンマー」)ヤンゴン市において、量子コンピューティング技術等を活用した最適な都市交通と環境づくりに向けた「グリーンリカバリー促進事業」を開始いたしますので、お知らせいたします。

取り組みの狙い

日本工営は、国内最大の建設コンサルタント会社として、世界各国の社会資本整備を通じて、より快適なまちづくり・自然と共生する環境づくりを推進しています。

一方で、グルーヴノーツは、イジングマシンといわれる量子コンピューティング技術を活用した世界初の商用ソリューションとして、クラウドプラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS (マゼランブロックス)」の開発を行うテクノロジーカンパニーです。同社では、街を舞台にビッグデータやAI、量子コンピュータを駆使して快適で豊かな都市サービスを創出する「City as a Service(シティ・アズ・ア・サービス、CaaS)」を推進しています。

このたび、日本工営はグルーヴノーツの「City as a Service」に賛同し、両社が培ってきた技術やノウハウを共有し、連携していくことで、国際社会において極めて重要な課題である脱炭素社会の実現に貢献します。その取り組みとして、ミャンマー・ヤンゴン市で廃棄物分野のODA事業にも取り組んでいる福岡市による検討内容への助言や現地活動への支援のもと、ヤンゴン市でCO2排出量削減に貢献し、最適な都市交通と環境づくりに向けた「グリーンリカバリー促進事業」に取り組みます。


左から日本工営 有元代表取締役社長、福岡市 髙島市長、グルーヴノーツ 最首代表取締役社長(2020年10月14日 市長表敬にて)

福岡市 髙島宗一郎市長からのコメント(2020年10月14日 市長表敬)

「福岡発のサービス・技術を使って、都市全体の最適化を図り、ヤンゴンの方々の課題解決につなげることは非常に誇らしいことです。特にグルーヴノーツは、福岡を代表するスタートアップで、量子コンピュータの商用ソリューション化という他にはないサービスを展開し、多くの成果を出していると思います。次に続くスタートアップのチャレンジャーたちにとっても大きな後押しになるでしょう。福岡市として、本プロジェクトをしっかりとサポートし、一緒に成功させることができればと思っています。」

 

本プレスリリースや最適な都市交通と環境づくりに向けた「グリーンリカバリー促進事業」の詳細は、次の「MAGELLAN BLOCKS」新着情報よりご覧ください。

https://www.magellanic-clouds.com/blocks/2020/12/22/green-recovery/


【お問い合わせ先】
株式会社グルーヴノーツ
広報 金田
pr@groovenauts.jp

 

 

STORIES FOR YOU

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る